横綱・白鵬はかつて大東に住んでたことがあるらしい

横綱の白鵬が大東市の物流会社で稽古していたことが朝日新聞で取り上げられています。

倉庫で稽古?!と思われる方も多いと思いますが、同社には相撲部があって、かなりの名門だそう。

建物の1階には土俵、6階には合宿所があるようです。
上記リンク先によると、白鵬が15歳の頃、大東市内の物流会社「摂津倉庫」に寝泊まりして、稽古を積んでいたそう。

摂津倉庫はGoogleストリートビューで見るとこんなん↓

大阪府大東市南新田1-3-13が住所です。

白鵬が同社で稽古した時のことを振り返った記事がありました↓


白鵬がモンゴルからやってきたのは、2000年で、力士志望の仲間たち7人で来日したそうです。
相撲部一期生の森則彦監督が3カ月間、相撲の基礎を教えてたみたい。

摂津倉庫-2109281
(たまたま先日撮ってた、遠くから見た摂津倉庫)

ちなみに現在は摂津倉庫には現役部員6人、OBが20人ほどいて本社1階の道場で毎週月・水・金曜日の午後6時から稽古をしている模様。

まさか、白鵬が大東市で稽古してたなんて。恥ずかしながら知らなかったです。

これからも、大東市から有名な相撲取りが誕生するかもしれませんね!



ライター:アチャペマ アチャペマ