東都大学野球リーグのベストナインに大阪桐蔭出身の選手が2人選ばれてる。山本ダンテ武蔵と伊東光亮

東都大学野球リーグのベストナインに大阪桐蔭高校出身の選手が2人選ばれています。

大阪桐蔭-2105251
(大阪桐蔭高校)

ソースは高校野球ドットコムの記事で、大阪桐蔭高校出身で國學院大4年生の山本ダンテ武蔵選手と1年生の伊東光亮選手がベストナインを受賞したことがわかります。山本ダンテ武蔵選手は17打点で二冠王に輝いたんだとか。

東都大学野球リーグの公式サイトにも記載があり、所属する國學院大が東都大学野球春季リーグ1部を優勝して、リーグ1部の最高殊勲選手に山本ダンテ武蔵選手が選ばれてもいました。

大阪桐蔭2-2105251
(特に関係ない大東の景色)

東都大学野球リーグは名前のとおり関東のたくさんある大学野球リーグの1つで、東京六大学野球リーグに続くくらいの知名度があるリーグです。

大学野球はそのリーグを勝ち抜いた先にある全日本大学野球選手権大会(インカレに相当)を目指すかたちとなっていて、山本ダンテ武蔵選手と伊東光亮選手が所属する國學院大はリーグ優勝により全日本大学野球選手権大会に出場。

残念ながら全日本大学野球選手権大会は準々決勝にて敗退という結果になってしまったそうですが、山本ダンテ武蔵選手はここでもソロホームランを放つなど活躍。

4年生ということもあり、今年は大東市にある大阪桐蔭高校出身のプロ野球選手の誕生が望まれますね〜!


ライター:すどん すどん